質の高いレッスンで子どもたちの成長を促し、心にやる気と自信を育てる熊本市の子ども英語教室 熊本市の子ども英語教室エンデバーの様子2

多読多聴クラブが始まります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

多読多聴クラブで利用する英語の本
多読多聴クラブとは

多読多聴クラブでは、本をもっと読みたい子どもたちのために本を多く貸し出せるようにしました。
また、月1回のレッスンでは 絵本の内容をスライドで見せて、英語で質問したり答えたり、感想をいったり絵本の世界に入っていきます。またそれぞれのCDプレーヤーで沢山多聴もしていきますよ〜

なぜ多読?

2年前から私が興味を持ったのが「多読」です。

多読では易しい本をたくさん読むことで、英会話のテキストにない語彙やフレーズをもっと習得できるようになり、表現も広がります。また多くの英語を読むことにより、英語の読解力がつくようになり、わからない語も辞書を引くことなしに推測読み・予測読みすることができるようになります。

実際に多読をレッスン内でされている中・高校(福岡女学院、西南学院、筑紫女学園、奈良東大寺学院)では、多読をしているクラスとそうでないクラスでは進研模試等の成績にかなりの差が出てくることも研修等で実践された先生たちからの調査結果が報告されています。

この多読を英語の通常レッスンと併用していけば、飛躍的に子どもたちの英語の力が伸びていくのではないかと考えています。通常レッスンに加え、この多読、そして英検の3本柱で、子どもたちの英語力育成にかなりの力となると思います。

読書から英語の力をつける!

日本にいながら英語の力を上達させるには、英語を話したり聞く量が重要になります。

英語の力を向上させたいと思っている多くの子ども達、中高生、大人の人達。

英語の聞く量、繰り返し話す量が足りていますか?

多読は、辞書なしでも十分に理解できるやさしい英語の本を楽しく、速く読みます。

英語の力をつけたい皆さんに最適な方法だと考え、多読レッスンでは、楽しくて楽な方法で英語が分かるように、導いていきます。

なぜ多読がすごいの?英語脳を育てる!

  • 英語ネイティブの絵本を読むので、自然な表現に出会えます。
  • 多読は語彙を増やします。大量の本を読むことで数多くの単語や文型が身につき、次にくる語句や文型が予測できるようになります。
  • 多読によって、読む速度が上がり、英語を英語のまま理解できる英語脳が育ちます。
  • 簡単な絵本から始めるので、不安が減り自信がつきます。
  • CD等の音源を合わせて使い、シャドウイングも行うとリスニング力、スピーキング力も育ちます。

子どもたちが多読に取り組み、読んでくれた時のビデオです。(※通常レッスン時の様子になります)


もっと沢山の本をどんどん読んでいきたい子ども!英語の本を英語で理解し、英語で表現したい!

授業に取り入れると、「もっと読みたい、先生!もっと聞いてほしい。この読み方・発音は、内容は・・?」という問いかけが増えてきましたので、多読多聴クラブを作ることにしました。

多読多聴クラブの特徴
レッスン内容と対象人数

・貸し出し可能な図書
・ORTレベル1〜9(180冊)
・CTPレベル1〜3(144冊)
・First Little Readers 125冊
・クリフォード24冊など(*1)
・1回(毎週)に6冊(*2)まで貸し出し可能(2週間で返却)
・多読レッスンを月1回(第2土曜日18:00-19:00。祝祭日は第三土曜日。)

レッスン内容と対象人数
多読をする子どもたちの様子

前半:
・教師が1〜3、4冊の本を読む→英語で質問する→絵を見ながら、英語で応答する。
・内容把握、理解→英語で表現する。感想を英語で言うなど

後半:
・一人一人の専用のイヤホン付CDプレーヤーで読みたい本をそれぞれ聴く。
・わからない所、発音等はその場で質問する。
・読みのチェックをうける。
・音読指導をうける。
・本をじっくりと読むことができる。
・シンクロ・リーディング:
 音声を聞きながらテキストを声に出し、遅れずに読んでいく練習法です。いきなりシャドーイングをするのが難しい場合の前段階の練習としてよく行われます。発音をよくするのにも効果があります。
・シャドーイング:
 テキストは見ずに、聞こえてくる音声をできるだけ正確に再現する練習法です。自分の中に音声のデータベースを作ってリスニング力を強化するとともに、発音の向上にも役に立ちます。自分で発音できるようになった英語の音は、聞き取りも楽になるはずです。

*人数:6人〜8名くらいで一旦締め切ります(*3)。

レッスン料金

アルク生徒外 入会金10,000円(5000円は退会時に返却) 一月3,000円
アルク生徒  入会金なし。一月1,500円 兄弟は二人目1,000円(毎月のお月謝と一緒に集めます)

Oxford Reading Tree

※Oxford Reading Tree Dictionary は、子ども向けの英英辞書です。多読多聴クラブで子どもたちが慣れ親しんだキャラクターの絵が使われており、辞書なのにまるで本のように読み始める子どももいるくらい魅力的な内容です。
「多読は原則辞書を引かずに読み進んでいく。」のですが、興味をもった単語、調べたいと思った単語に出会ったときは、楽しく調べるのもエンデバー教室ではお薦めしてしています。読書の習慣に加え、辞書を調べる習慣も自然とつくため、多読多聴クラブのみなさんには、ご購入していただきたいと思います。(辞書は3000円程です。)

2018年2月より始まります
多読をする子どもたちの様子2

2018年2月より始めます。

ご興味のある保護者様は、レッスン送迎時やライン、ホームページのお問い合わせなどからお気軽にお尋ねください。

子どもたちの英語力向上を全力でサポート致します!
よろしくお願い致します。

多読多聴レッスンの見学や体験は土曜日に

多読多聴レッスンについて、実際に見学や体験をご希望の方は、お電話又はお問い合わせフォームよりご連絡ください。


*1)ORT( オックスフォード・リーディング・ツリー)は、英国の80%以上の小学校で採用されている「国語」の教科書。ネイティブの子どもたちが使う自然な英語で綴られたユーモアたっぷりのリーダーシリーズです。
*1)First Little Readersは、ネイティブの子どもたちが一番最初にアルファベットを読む絵本。
*1)2018年1月現在、熊本市内の個人の英語教室でORTを貸し出している教室はエンデバーのみ!・・・だと思います。
*2)通常クラスとあわせて、子どもたちは6冊まで保有できます。
*3)なお、7〜8名の場合は、子どもたちへの対応時間が足りませんので、30分ほど延長させていただくことがございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ

レッスン内容、見学のお申込みなど、お気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (任意)
はいいいえ


(※電話を希望される方のみご記入ください。本文に希望の時間帯を記入していただけると助かります。)

題名

メッセージ本文