質の高いレッスンで子どもたちの成長を促し、心にやる気と自信を育てる熊本市の子ども英語教室 熊本市の子ども英語教室エンデバーの様子1 熊本市の子ども英語教室エンデバーの様子2
春の入会キャンペーン開催中です!江津教室、国府教室ともに新しく英語を習い始めたいお友だちを募集しています。詳しくはお問い合わせください。070-5491-0788まで 子ども英語教室アワードにおいて、小学生の部 優秀賞、「先生がよい英語教室」、「コスパのよい英語教室」、「教材がよい英語教室」の3部門で部門賞を受賞しました。 2018年2月より多読多聴クラブが始まります 2017年秋の英検®合格者。おめでとうございます!2018年春休み、英検®対策講座を開きます。詳しくはお問い合わせください。 子どもたちが自ら学ぶ。それを支える3つの秘密 1.レッスン中に必ず話す2.アルクの教材が面白い3.先生が熱心保護者も熱心

こども英会話で自信とやる気育てる|熊本市の英語教室エンデバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子どもが英語をもっと好きになる熊本市の英会話教室

熊本市の中央区と東区にある子ども英会話教室です

熊本市にお住まいの方で、子どもに英会話を学ばせたい方、英検®対策の教室を探されている方、そして子どもたちの教育に熱心に取り組んでいる教室を探している方。熊本市の中央区と東区にある子ども英語教室エンデバーは、英会話と多読を中心に、年中さんから大学受験生、英検受験まで英語を教えることのできる教室です。講師は、英語指導歴20年(高校教諭・中学校教諭)、英検準一級を取得している、小島睦美(こじまむつみ)です。

子ども英会話・エンデバー国府教室

スーパー・キッド国分店を目印にお越し下さい。徒歩3分です。

子ども英会話・エンデバー江津教室

画図地域コミュニティーセンターです。画図小学校すぐ横になります。

毎週火曜日 夜6時〜9時 に授業をしています。見学もできますので、お気軽にご連絡ください。

受け身ではない。自主性・自発性を育てることで子どもたちが自然とに英語に興味を示す

日本の学校教育スタイルは、ほとんどの子どもたちが受け身でいると思いませんか。子どもたちは先生から教えてもらうことだけで学習を終えてしまっています。それは、教師が膨大な教育すべき内容を決められた時間内で教え込まなくてはいけない、という事情から自然とそうなってきているのが現状です。

教科書に書いてあることを読み・書く・話す。教師1名対生徒40名。この教室でどうやって子どもたち一人一人の英語力を高めることができるのでしょうか?そもそも学校教育で求められている英語力とはなんでしょうか?また社会で求められている英語力とは何でしょうか?


大事なことは、とにかく英語を使い、英語を使う楽しさを教えること

Responsive image

子ども英語教室エンデバーの目標は、子どもたちに「使える英語・伝えられる英語」を身につけさせることです。1クラス6名までの少人数制を強みに、子どもたちの発言や質問を積極的に促します。それにより子どもたち自身が自然と英語に興味・関心・疑問をもつようになります。大人の私達が無理強いしなくても、自らすすんで学んでくれるようになります。

子ども英語教室エンデバーのこだわり。あなたのお子さんが自分の言葉で英語を話せるようになる

Responsive image

子ども英語教室エンデバーのこだわりは、「子どもが自分で言いたいことを自分のことばで英語を使って話せるようになる」ように指導することにあります。これは当たり前のことのようですが、大人数のクラスで子どもの数が多くて発言の機会が少ないところには難しいところですし、機械を手に機械の発する音声を真似するだけでは絶対にできるようにはなりません。各クラスは最大6人の少人数制で、教員時代にはやりたくても満足できるほどできなかった、一人一人にきめ細かい指導を心がけています。

先生はネイティブがいい?きちんと先生のレベルを見極めてください

Responsive image

ネイティブか日本人かー。よく話題になるのではないでしょうか?

講師がネイティブスピーカーであることだけで、何ら英語教育の指導法を勉強していない先生もいます。英語が話せれば誰でも子どもたちの英語の先生になれるわけではないのです。私たちは日本語を不自由なく話せますが、外国人に日本語を教えられるかと言えば、必ずしも教えられるとは限らないですよね。それでもネイティブの先生を選ばれるなら、その先生がどれだけ熱意を持ってあなたのお子さんを教育してくれるのか、説明を子どもたちが理解できているかなどをしっかりと見極められることをお勧めします。

教室では、年に一度か二度、ネイティブスピーカーのゲストを迎えます。そして子どもたちは自分が習ってきた英語(最初は挨拶くらいしかできないかもしれませんが)を使って、一緒にアクティビティをします。「自分の英語が通じる。」これが子どもたちの自信になり、力になると信じています。私はむしろネイティブとの関わり方はこのような方法でも十分であると思っています。

英語教員歴20年以上。目指すは現代の寺小屋塾。理想の教師・教室像へ向けて頑張ってます

Responsive image

私は中学校・高校・予備校などで英語教員として20年以上を過ごしてきました。中学・高校では英語の担任でしたが、私が子どもたちと携わってきた時間は決して英語だけの時間ではありませんでした。これは、保護者のみなさんには容易に推測されることと思います。授業や部活の悩みを聞いたり、クラブの顧問として携わったり、1日のほとんどを子どもたちと一緒に過ごしてきました。

つまり、教えること(全ての習い事にも通じることですが)は、ただ専門の技術(私の場合は英語)だけを教えるだけではないのです。英語を教えつつ、子どもたちの色々な変化を早くキャッチし、それぞれに対応をしていく。私は、習い事の先生といえども、このような教育者としての資質を備えた講師が理想だと思います。

子ども英語教室エンデバーは、英語を習うための教室です。私は教員時代の経験を活かして、ただ英語を教えるだけの教室ではない英語教室を目指しています。そして、そうあるように日々子どもたちと向き合って授業をしています。

2年間習ってもしゃべれない。本当はもっとしゃべれるはず

Responsive image

今まで通っていた教室をやめ、体験を受けに来られたお子さんのことです。2年間、英語教室に通ったとのことでしたが、レベルチェックで確認してみたところ、あまり聞き取ることができず、スピーキングにおいてはかなり戸惑いがありました。

新しいことを習うと、子どもたちは持ち前の吸収力でどんどん身につけていきます。それなのに話せない・・・。おそらく、ただ歌って踊って時間を過ごし、子どもたちからの発話を促したり、リスニングをさせる機会も少なかったのでしょうね。

子どもたちに発話を促すこと、英語に興味をもたせること、これらは先生が教える経験を積んでいかないと身につかないことです。どうしたら子どもたちに英語が身についていくのか、初期の段階から子どもたちの成長の過程をとおして見極めなければならないのです。

少人数でやってますので、私の教室では子供たちみんなに話す機会を平等に与えています。その中でしっかりと確認し、子どもたちは自分が話せたという達成感を得て、また話したいと思ってくれるようになっています。

少ない人数であることにこだわりがあります。最大6名まで。安心の少人数制

Responsive image

教室の利益を考えるならば、少人数制で運営するのは非効率です。しかし、子どもたち一人一人に目を向けるには、レッスン時間も考慮すると、6名が妥当だと考えています。クラスによっては、お友達同士で離れたくないから、ということで7名になったりもします。この場合は、保護者の方の了承を得て、またできるだけ他のクラスと差が開かないようにレッスンを行っています。

英語教育教材で定評のある 教材は信頼のアルク教材

子ども英語教室アワードにおいて、小学生の部 優秀賞、「先生がよい英語教室」、「コスパのよい英語教室」、「教材がよい英語教室」の3部門で部門賞を受賞しました。

学生時代にアルクの英語教材で学習をした私が、今度はアルクの子ども英語のコース教材で子どもたちに英語を教えることに。数ある教材の中でも、自分が絶大な信頼を置くアルクの教材は、子どもたちの英語力の成長に合わせて使えるようになっています。

特徴1 年齢と発達段階に応じたカリキュラム

Responsive image

自然に無理なく会話力が身につくように、学習する年齢や発達段階に合わせたカリキュラムで指導します。 幼児の時期はたくさんの英語をシャワーのように聞き、英語の耳を作ることを意識します。小学生になると、動作と言葉を結びつけ、自発的な会話を促せるように指導していきます。いずれのコースも、子どもたち自身が英語を楽しく感じられるレッスンを行っています。

特徴2 学習効果が違います

Responsive image

英語の音を固まりとして理解しながら覚えていくため、カタカナ英語にならずに自然な音とスピードで身についていきます。また、低学年から学んだ場合、最終的に文法としては中学3年間(一部、文法は高校1年レベル)で学ぶものを会話として理解していきます。4年目以上学んでいくと、実生活に基づいた話しにつながりのある会話表現や作文ができるようになっていきます。

特徴3 英語への自然な動機付けと定着を促す教材

Responsive image

アルクがオリジナルで開発した教材を使用。長年に渡る英語教育の実績と信頼により、児童英語教育界でも著名な先生方に協力を得ることができ、その先生方の監修のもと作られた教材です。

そのため、子どもたちの本来持てる能力を最大限に生かした英語学習ができます。家庭学習用として用意されている映像教材・音声教材は、ネイティブ・スピーカーの本物の英語の音とリズムを自然に身につけられるように工夫されていますので、週一回のレッスンだけでなく、家庭でも充実した英語学習が可能です。

英語でこどもたちを虜にする。子ども英語教室エンデバーの取り組み

子どもたちの英語力アップに成果のある「多読」をすすめています!

エンデバー教室では多読を進めています。

絵本の中の内容、物語を通して子どもが興味を持ち読み進んでいくことで、自然と言葉を体得していく過程が将来子どもの持つ語彙、文章の組み立て、表現力、言葉を操る能力の育成につながっていくと思います。多くの英語の先生がこの絵本、多読を勧めてこられているのも、子どもたちの英語力が伸びていっていると認めていらっしゃいます。レッスンの始め、合間、後、レッスンの中で取り組みを始めました。9月からCDと絵本を貸し出しをするようになってから、1週間に50回以上も多い子は100回も読むこども達もでてきました。

絵に興味を持ちつつ、自分の力で読もうとしてくれています。内容を聞いてみると、、おしえてくれます。英語の中で英語として捉えようとしています。次の言葉も推測して語彙の意味がわかってきています。日に日に成果が見られて本当に子どもたちの持つ力はすごいなあ。もっと、わかろうとする引き伸ばしていきたいと思います。

多読多聴クラブを始めます!

子ども全員参加型ハロウィーンイベントとクリスマス発表会

Responsive image

一昨年度までは年3度の発表会を行っていましたが、昨年度よりハロウィーンパーティーとクリスマス発表会という形式にしました。子どもたちに他国の文化に触れてもらうことで理解を深めてもらえればと思っています。また、クリスマス発表会では、ほぼ全員が英語を話す機会が与えられ、それまで学んできた英語を使い、沢山の保護者さんの前で発表をします。

イベントを実行するにあたり、沢山の保護者の方のご協力を頂いています。ここまでしてもイベントをするのは、このイベントを終えた後、子どもたちの英語に取り組む姿勢がとても前向きになるからです。この姿を見るたびに「やってよかったな」と感じ、私も子どもたちもより熱心に英語に取り組むようになります。

Responsive image

英検®受験でさらに貪欲に

教室で習い始めて、早い子で1年以内に英検®5級に合格しています。私が子どもたちのレベルなどを確認していますので、もうそろそろ英検®を受けても良いかな?と思った子どもたちには声をかけています。

英検®受験用に特別な講座を用意しており、普段の授業とは別な時間を使って集中して準備をします。普段のレッスンだけでも英検reg;受験は可能ですが、早めに上の級を取りたいと思っているお子さんは、テストに慣れるためのレッスンを数回経験するだけでも、子どもたちの合格率が上がります。

英検®を受験して合格した子どもの殆どがさらに授業に対しての集中度が高まっています。そして、「この意味は何ですか?」「宿題をだしてください」など、意欲的になってきています。

Responsive image

受講生の声

実際に当英語教室でコースを受講した子どもたちのご意見です。

小2 T. H くん(平成26 年1 月入会)

test

英語に興昧があったので入会しました。体を動かしながら英語を覚えるところが 気に入っていて、毎回のレッスンが楽しいと話しています。1 年間続けてきて、自 分に自信がついてきたと思います。いつか海外旅行に行き、自分の力で会話をして みたいそうです。これからよろしくお願いします。
( H27. 2.5)

中1 M . K さん(平成26 年1 月入会)

test

フォニックスを勉強すると読める英語が増え、書くことができるようになりました。リスニング力を身につけたおかげで英検4級に受かり、続けて英検3級にも合格することができました。 準2級も中学生の間に合格したいです。
( H27.2 . 10)

中3 R.Tさん(平成26 年1 月入会個別受験コース)

test

今まで苦手教科だった英語が、他の教科と同じくらい点数がとれるようになり、テ ストでも足をひっぱらなくなったので良かったです。また、定期テストや模試の解説 をしてもらったおかげで、1 年前に比べ20 点近く上がったので、とても感謝しています。(熊本マリスト学園高等学校奨学生合格) (H27.2.9)

しっかりと考えてください。あなたのお子さんに英語教育を受けさせる理由を

  •  学校教育で困らせたくない
  •  英検などの資格をとっておいてほしい
  •  受験に有利だから
  •  英語を話せるようになってほしい
  •  将来は英語を使った仕事につかせたい

などなど。。。色々と目的と理由があるかと思います。エンデバーでは、あなたのお子さんがこれからどのような進路を進むのであれ、英語を学んでいく時に大切な基礎力をしっかりと身につけさせます。そして自ら考えて発話するように促し、会話する力を身につけさせていきます。

選べるコース・レッスン方法はさまざまです。目的にあったコースをご提案します

通常のコースの他に、目的別のコースをご提案致しております。不明な場合はお気軽にご相談ください。

英検対策コースは、受験するレベルに応じて各種の対策講座を開いています。

  • ・英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。
  • ・このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

遠距離で通うのが困難な方向けに、プライベートのオンラインレッスンもございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ

レッスン内容、見学のお申込みなど、お気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (任意)
はいいいえ


(※電話を希望される方のみご記入ください。本文に希望の時間帯を記入していただけると助かります。)

題名

メッセージ本文